Complex States: 
Art in the year of Brexit
Complex States: Art in the year of Brexit

Date: Sunday 25th June 2017
Time: 10:00~17:00
Location: Room 805 (8F), Building 14, Waseda Campus, Waseda University, 1-6-1 Nishiwaseda

Artists: Wolfgang Tillmans, Pedro Inoue, Keep It Complex, Yuki Higashino, Lucky Bert, Sebastian H-W, Joseph Walsh, Slumgothic Live Collage

The events of the EU referendum in the UK last year (Brexit) contributed significantly to the urgency within discussions of citizenship, nationalism, globalisation and identity in not only the UK and Europe but across the globe. They have also raised the question of what role arts and culture can or should play in these debates.

This exhibition "Complex states: Art in the year of Brexit" will feature artists’ and cultural practitioners’ critical engagements with the events of the EU referendum in Britain. Participating artists will include Wolfgang Tillmans, Pedro Inoue, Yuki Higashino, Keep It Complex, Lucky Bert, Sebastian H-W, Joseph Walsh and Slumgothic Live Collage; with works on display ranging from video and workshops to text, posters, and discussion events.  

The artists Wolfgang Tillmans, Keep It Complex, Lucky Bert, Sebastian H-W and Slumgothic Live Collage all carried out active interventions in the lead up to the EU Referendum through either poster campaigns or community workshops. These will be collated and re-created in this exhibition; including for instance, Sebastian H-W’s HOME_OFFICE “passport” workshop in which participants had an opportunity to design their own passport cover while debating issues of national and cultural identity.

The exhibition will also feature video and installation works by Pedro Inoue, Yuki Higashino, and Joseph Walsh. Although not directly involved in artist campaigns their work offers indirect reflections and refractions concerning the events of Brexit. 

Pedro Inoue’s work in the show explores the ongoing meme wars that inhabit our timelines and our minds. His work takes on both Brexit and the election of President Trump in 2016 as well as the crisis of the democratic/capitalist system and how these crises encroach into our communities, lives and minds.  

Filmed in the UK during the lead up to the EU referendum, Yuki Higashino’s film “Poundbury Horror” centres on Prince Charles’s town of Poundbury; a town that was built in order to recreate a traditional English way of life. In this playful ‘gothic horror’ the town of Poundbury emerges as a model of in Higashino’s words, a “right-wing fantasyland and the progressive’s dystopia” with its white neighbourhoods and the shadows of the reactionary forces that called the town into being.  

Joseph Walsh’s film offers an interpolated response to the events of Brexit by addressing the question of whether or not art practice should respond to cultural and political change. Using choreographed dance and the blurring of animal and human life, the film centres on a subject engaged in physical ‘conditioning’; the form of conditioning that makes us co-operative workers within the capitalist systems we inhabit.  

Offering trans-national and at times, playful narratives and practices concerning the events of Britain’s EU referendum, this exhibition then, intends to trigger discussion around possible gaps in the narratives surrounding Brexit and the “complex states” the referendum provoked. It also aims to engage in dialogues concerning the role of artists, cultural practitioners and academics in areas of citizenship, public policy, and arts activism in response to significant political events.

Alongside artworks, and participatory artist workshops, the exhibition also includes the filmed debate “Brexit, Migration and Communities” that was carried out at the Learning Lab at Community Arts Northwest in the UK earlier this year. 

With thanks to: Community Arts Northwest, Learning Lab, University of York and Counterpoint Arts.

Curator: Catherine Harrington
Curatorial Assistants: Ai Kano, Kat Chetram
Advisor: Vassiliki Tzanakou
-----

Workshops (10:00 – 17:00)
These workshops were carried out in the lead up to the EU Referendum vote last year and will be recreated in this exhibition.
1. Slogan-making and sticker-making workshop (Keep It Complex)
2. Passport-cover making workshop (Sebastian H-W)

Debate (10:00 – 17:00)
We welcome your participation in discussion and debate during the workshops. We will be inviting engagement in debate through the same questions as those that led the filmed debate at Community Arts Northwest in the UK. These questions include:
• What role does art and culture play in a post-referendum landscape?
• How can arts and culture engage with communities experiencing the harsh reality of austerity policies?
• Can arts and culture bring communities together in a time of increasing political and social division?
• How might the arts tap into the deep resilience of communities?
• How can arts and culture inspire communities to build capacity, respond to ongoing challenges and define their own futures?


A participating project work at Cultural Typhoon 2017
www.cultural-typhoon.com
「複雑な状態」
英国EU離脱年のアート 
日時:2017年6月25日(日)10:00~17:00 
場所:〒169-8050 東京都新宿区西早稲田1丁目6−1、早稲田キャンパス14号館805室(8階)

アーティスト: ヴォルフガング・ティルマンス 、ペドロ・イノウエ 、キープ・イット・コンプレックス、東野雄樹 、ラッキーベルト、セバスチャンH-W、ジョセフ・ウォルシュ、スラムゴシックライブコラージュ

通称Brexitと呼ばれる、昨年の英国のEU離脱の一連の出来事は、イギリス国内だけではなく世界中で、市民権、ナショナリズム、グローバリゼーション、アイデンティティに関する、重大かつ緊急性を持つ議論を巻き起こしました。それらの議論にはさらに、アートと文化の役割は何なのかという疑問もつきまといました。

本展覧会「複雑な状態:英国EU離脱年のアート」は、英国のEU国民投票の出来事に対してイベントに批判的に取り組んだ、数々の芸術家と文化的実践者を紹介いたします。参加アーティストは、ヴォルフガング・ティルマンス、ペドロ・イノウエ、東野由紀、キープ・イット・コンプレックス、ラッキーバート、セバスチャンH-W、ジョセフ・ウォルシュ、スラムゴシックライブコラージュです。展示作品は、ビデオ、ワークショップ、テキスト、ポスター、ディスカッションイベントまで幅広い形式で展開します。

ヴォルフガング・ティルマンス、キープ・イット・コンプレックス、ラッキーバート、セバスチャンH-W、スラムゴシックライブコラージュは、ポスターキャンペーンやコミュニティで行うワークショップ、映画の上映会を通じて、EU離脱/残留を決定する国民投票(以下、EU国民投票)に積極的に介入しました。本展示では、これらの作品は行為が、順番に再現されます再生され照合されるでしょう。例えば、出展作家のセバスチャン・H・Wは、その中には、参加者が国や文化的アイデンティティの問題を議論しながら、自分のパスポートカバーをデザインするというセバスチャン・H・Wによる「HOME_OFFICE」のパスポートワークショップを開催しますも含まれます。

また次に、ペドロ・イノウエ、東野由紀、ジョセフ・ウォルシュの映像作品やインスタレーション作品。彼らの作品は、アーティストによるBrexitのキャンペーンに直接関与していませんが、それら一連の出来事を間接的に反映反射し暗喩屈折しています。

ペドロ・イノウエの作品は、私たちの(SNSの)タイムラインと心に潜む、現在進行中のミーム戦争を探究しています。 彼の作品は、2016年のBrexitとトランプ大統領の当選選挙、そして民主主義/資本主義体制といったの危機が、いかにして私たちのコミュニティ、生活人生、そして精神に侵食侵入してくるのか問いかけます。

英国でのEU国民投票の際に撮影された東野由紀監督の映画「Poundbury Horror(パウンドベリーのホラー)」は、チャールズ皇太子の街である、伝統的なイングランドの生活様式を再現再生するために作られたパウンドベリーという街を取り上げます。このこの遊び心のある「ゴシック様式のホラー」とも形容できる作品は遊び心に満ちており、であるパウンドベリーの町を舞台としながらは、白人の多いの隣人反動勢力の影を持つ地域としてと反動的な力の影を持つ、、東野が「右翼のファンタジーとプログレッシブ斬新的なのディストピア(暗黒卿)」と呼ぶ街のモデルとして浮かび上がっています描かれています。

ジョセフ・ウォルシュの映画は、アートの実践が文化的/政治的変化に対応すべきかどうかという問いに取り組むことにより、Brexitの出来事に介入するような挟むような応答をしています行います。この映画は、振り付けられたダンスを用い、動物と人間の境界を曖昧にしながら、物理的な「条件づけ」を行う主人公に注目します。それは、私たちが住む資本主義制度において、自分たちを協力的な労働者にさせる「条件づけ」です。

この展覧会は、英国のEU国民投票の事件に関する、多様な、国境を越えた、時には遊び心のある物語と実践を紹介し、英国の英EU離脱や「複雑な状態」を取り巻く物語に潜む隔たりの可能性について、を巡る議論を促進する目的で開催しますのきっかけを作ろうとしています。それはまた、2016年の出来事に「向き合った」個人、芸術家、文化的実践者、コミュニティの複雑な状態を探求することも目指しています。本展は、そして、昨年のEU国民投票での芸術活動の歴史的アーカイブとして、あるいはBrexitに反応するアーティストの姿を映す窓として両方の意義があります。さらに、重大な政治的事態に応答して、市民権、公共政策、アートアクティヴィズム、アーティスト、文化実践者および学者の役割に関する対話に、積極的に参加することを目的としています。

作品展示と参加型のアーティストワークショップのほか、本展で示は、今年初めに英国のコミュニティアーツ・ノースウェストのラーニングラボで行われた映画討論「Brexit、Migration and Communities」も行います。

最後に、本展覧会企画にご協力頂いた、いただいたコミュニティアーツ・ノースウェスト、ラーニングラボ、ヨーク大学、カウンター・ポイント・アーツに心より感謝申し上げますします。

キュレーター: キャサリン・ハリントン 
キュレトリアル・アシスタント:狩野 愛 、カット・チェトラム
アドバイザー: ヴァシリキ・ツァナコウ 

ワークショップ(10:00〜17:00)
これらのワークショップは、昨年のEU国民投票に先立って実施され、今回の展示で再現される予定です。
1.スローガン制作・ステッカー作りワークショップ(Keep It Complex)
2. パスポート製作ワークショップ(セバスチャンH-W)

ディベート(10:00〜17:00)
ワークショップ内のディスカッションに、是非参加してください。英国のコミュニティ・アーツ・ノースウエストで撮影された議論と同じ質問内容で議論に参加することになります。質問は以下の通りです。

•国民投票後の風景において、アートと文化はどのような役割を果たしていますか?
•アートと文化は、緊縮財政政策の過酷な現実を経験しているコミュニティに、いかにして参加することができるでしょうか?
•アートと文化は、政治的/社会的に分裂が進む時代に共同体を結集することができるでしょうか?
•アートは、コミュニティの深いレジリエンスにどのように役立つでしょうか?
•アートと文化は、コミュニティが能力を養い、進行中の課題に対応し、自分たちの未来を定義するために、どのように刺激を与えることができるでしょうか?


Back to Top